古い凶悪キャラの性能を見てみる その3

今回紹介するのは
mugen1701171713.png
スターマン・センゾ氏 マーシャル

以前まで紹介していたアドン達よりは1歩遅れて公開された棒人間の神キャラ。
公開・最終更新共に2009年。12Pの耐性が高い事で知られており、現在でも
神最上位を目指す上で倒すべきキャラクターとされています。

通称:イケ棒
Nanarmanリスペクトで製作されていて、そのスタイリッシュさは健在。
ちなみに製作者曰く「ぼくのかんがえたさいきょうのぼうにんげん」「糞キャラ」・・・
しかし人気は高く、某ストーリー動画の活躍もあって非常に有名。


マーシャルといえば、リスペクト元譲りの鬼ブロ。
攻撃技をキャンセルしてブロッキングでき、隙が無いのはNanarmanと同じ。
wikiには投げ属性をも無効化すると書かれていますが、投げは普通に効きます。
喰らい中にはブロッキングが出来ないのも同様。

設定でブロッキングをさせないようにすることもできます。
「ブロッキングの無いマーシャルなんて強いの?」と思われがちですが、
単にブロッキングが使えなくなるわけではなく

・常時ゲージ上昇&ゲージ変数管理。ゲージ消去を無効化するだけでなく、
超必を使ってもゲージが減らなくなるので超必使い放題
・大ダメージ攻撃や当て身を受けるとガードステートに入る+1秒間の無敵が付く
・相手のライフが一定時間減らないのを感知するとゲージがオーバーフローする

という仕様が加わります。
ブロが出来無い分ダメージを受ける頻度は多くなりますが、こっちもこっちで相当強いです。
また、地味に一度の喰らい状態中で4分の1以上のダメージを受けると
それ以上のダメージを無効化するという特徴もあります。
更にブラッドヒートによる回復、サイクバーストによる喰らい抜け。
nokoまで使用して無理やり攻撃に耐えることもあり、防御性能は充実しています。


また、動画ではあまり見かけることは無いですが、7~11Pでは性能が微強化されます。

・レアアクマっぽいオーラが出る
・時止め無視
・gametime式ステ抜け 他数種類のステ抜け
ステ抜け先に全画面判定の攻撃を出すブロッキングのステートが指定されている

どちらかというと防御面の強化ですね。


ここまで防御面について主に触れてきましたが
攻撃面はどうなのかというと、こっちも狂キャラとしてはかなり強力。
具体的には、大魔法に超即死当身、核には超即死OTHキラー
いずれも4ゲージ、5ゲージと必要量が多いですが、出せれば並大抵のキャラは即死します。
(ただしついでと言わんばかりに変数弄りまで行うのでキャラによっては・・・)
ちなみに3ゲージ技で出せるビームも即死投げ。こっちは全画面判定じゃないのが有情でしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

核には超即死OTHキラー…ルイージ閣下かな。

No title

ブロ無し限定ですけど一定時間相手のライフが変動しなかった際のゲジマユの値がオーバーフローなせいで、値が反転してゲージ技が使えなくなったり
7~11p用のステ抜け先が全画面に攻撃判定ありのブロだったり
ワープが荒ぶる鷹のポーズだったり
色々面白いキャラですよねー

Re: No title

> 名無しさん
元祖核(アボム)も強力な爆発攻撃を有してますからね
核はmugenの爆発にて最強・・・

> ドットゾーン氏
棒人間なのでシュール
その辺もついでに記事に追記しておきますね
プロフィール

名無しのぽろろ

Author:名無しのぽろろ
MUGENでAI・改変パッチ、及び改変キャラを製作しております。
狂クラスがメイン。
リンクはご自由にどうぞ。

自キャラ・パッチが何らかの大会で出場していた際は、適当な記事に出場しているキャラと大会名等を書いてくれると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR