【ポケモンSM】UB各種について

img_04.png
UB各種について対戦方面での考察を大雑把に書くだけ。
ちなみに自分はUBのデザイン全部好きです。


UB01 ウツロイド
img_01.png
ストーリーに最も深くかかわってきたUB。
ウルトラスペースにはたくさんいるみたいですね。乱獲したい

タイプはいわ・どく、種族値は109-53-47-127-131-103。
これまでのいわタイプの常識を覆す、高速特殊アタッカーな種族値。
物理は殴っても殴られても貧弱。しかし何故か「もろはのずつき」を覚える。
注目すべきは、素早さ種族値103
これは、対戦界の主人公・ガブリアスを1だけ上回る素早さとなっています。
このため、対戦においては、「めざめるパワー」を搭載した最速ウツロイドがメジャー。
「めざめるパワー」で人気のタイプは、ガブリアスに刺さるこおりと、
呼ぶはがねタイプに刺さるほのお。
また、壁貼りをすることができ、「ステルスロック」も覚えることから、
後続のポケモンで全抜きするための場を整える「起点作り」型もおります。

種族値だけなら特殊受けも可能に見えますが、如何せん弱点が多すぎるのと、
「じこさいせい」などの再生技を一切覚えないことから、そういう使い方はされていません。
物理は更に貧弱で、ハッサムの「バレットパンチ」でも致命傷。総じて、防御面は弱めです。


UB02 マッシブーン
img_02.png
ストーリーにおいて、メレメレ島を襲撃しカプ・コケコと対決したUB。
そして、サンムーンで最もかわいいポケモン(UB内に限らず)。サン限定。

タイプはむし・かくとう、種族値は107-139-139-53-53-79。
ヘラクロス以来となるむし・かくとうタイプのポケモンで、
むしタイプで初めてHP種族値が100を超えたポケモンでもあります。
ウツロイドが高速特殊アタッカーであったのに対し、こちらは中速物理アタッカーといった種族値。
見た目どおり、発達した上半身によるパンチ攻撃が得意で、多数のパンチ技が使えますが、
種族値とマッチした「ドレインパンチ」・「マッハパンチ」が覚えられないのが難点。
また「ほのおのパンチ」や、「とんぼがえり」等も覚えることが出来ません。
何故か「きあいだま」も覚えられませんがマッシブーンには無問題

しかし、それで弱いかというと全くそんなことはありません。
物理耐久力がかのクレセリアと互角。しかもUBでは数少ない再生技を習得することが出来ます。
また、タイプ一致のむし技では、今作で攻撃力が4倍に跳ねあがった吸収技「きゅうけつ」や、
同じ攻撃力で相手の攻撃力を確定で1段階ダウンさせる「とびかかる」を習得することが出来ます。
このため、物理方面での殴り合いに非常に強いです。
相性的には不利なメガメタグロスなども、「ビルドアップ」の積み具合によっては一方的に殴り倒せます。
一方、特殊方面は貧弱。素早さもとりわけ高くは無いです。有利な相手に繰り出していくことが大事。


UB02 フェローチェ
img_03.png
ストーリーにおいて、メレメレ島を襲撃しカプ・コケコと対決したUB。ムーン限定。
マッシブな相方と比べて、非常に細い体。どことなくルザミーネと似ているのが特徴。

タイプはむし・かくとう、種族値は71-137-37-137-37-151。
相方と同じタイプですが、種族値は別物。
タイプの違うデオキシスとでも言うべき、極端な攻撃特化の高速アタッカー。
「とびひざげり」などの強力な物理格闘技を多数覚えるので、物理アタッカーがメジャー。
その他の技には、タイプ一致のむし技「とんぼがえり」「とびかかる」、
フェアリータイプの弱点を突ける「どくづき」などがあります。
また、どういうわけか「れいとうビーム」「ふぶき」を覚えるため、ドラゴン対策も万全。
見た目からしてれいとうビームは使われる側では・・・?

あまりに種族値が極端すぎるため、技に違いはあれど型そのものは変化は少なく、
持たせるアイテムも襷や球でほぼ固定という、強み・役割が非常に分かりやすいポケモン。
ゴーストタイプに対抗できる技をほぼ覚えられないのが致命的な欠点で、
対人戦ではゲンガーやギルガルド、ミミッキュなどが蔓延っているため動きづらい状況にあります。
しかし廃人施設バトルツリーではゴーストタイプのポケモンに偏っていることもなく、
攻撃性能を発揮しやすい為非常に人気が高いポケモン。


UB03 デンジュモク
img_01 (1)
電気ケーブルが人のような形になったUB。名前通り電気を操る力を持つ。
地味に3.8mとかなり大きめ(UB内では三番目)。

タイプはでんき、種族値は83-89-71-173-71-83。
UB内で唯一の単タイプで、メガデンリュウをも上回るでんきタイプ最大の特攻を持っています。
圧倒的な特攻以外は平凡な種族値で、中速並耐久の特殊アタッカー。
覚える技は「エレキフィールド」「10まんボルト」などでんきタイプのものが多いですが、
デン「ジュモク」という名前なだけあって、くさタイプの技もいくつか習得できます。
また補助技もそれなりに充実していて、なんとこの特攻で「ほたるび」を習得可能。
特攻三段階アップからの「10まんボルト」は凄まじい威力。

とはいえそれ以外に特筆すべきことはない・・・と思われていたのですが
補助技の一つ「さいみんじゅつ」をZワザで使用すると素早さが1段階上昇することが判明。
相手を眠らせつつ素早さを上げ、そこから「ほたるび」を積んだり、殴ったりとやりたい放題。
相手を倒せばブーストで特攻が更に上昇するので、全抜きも狙うことが出来ます。
これを「Z催眠術デンジュモク」などと呼び、メジャーな型の一つとなっています。
また、単純にスカーフを持たせて上からでんき技を連発するのも強力。
どちらの型にも言えることとして、ひらいしんのアローラガラガラに打つ手がないことが欠点。
素直に有利な相手に交換しましょう。


UB04 テッカグヤ
img_02 (1)
門松のような姿をしたUB。火炎放射で焼き払い、ロケット噴射でそらをとぶスーパーかぐや姫。
全ポケモン中最重量で、UB中最大の大きさをもつ。ムーン限定。

タイプははがね・ひこう、種族値は91-101-103-107-101-61。
極端な種族値配分が多いUBの中では、素早さ以外の能力が全体的に満遍なく高めでバランスが良い。
タイプも弱点の少なさ、耐性に定評のあるはがね・ひこうタイプ。
そして覚える技も非常に豊富で、物理、特殊、耐久のいずれもそつなくこなせる器用なポケモン。
第7世代で最強のポケモンとも言われる程に高い評価を受けていますが、
器用にいろいろこなせるために、育成方針に非常に迷うポケモンでもあります。

アタッカーとして使用する場合は、その圧倒的な重さから放たれるタイプ一致「ヘビーボンバー」や、
「じしん」「だいもんじ」「エアスラッシュ」「めざめるパワー(ドラゴンに役割を持てるのでこおりが多め)」など
物理特殊の一方に限らず両刀にすることが多いです。
技威力は高いものが揃っていますが種族値はそこまで高くは無いので、
一撃で倒すのではなく、耐えながら数発撃ちこんで確実に倒すことが多くなります。
耐久では、何故か覚える「やどりぎのたね」を使い、たべのこしを持たせて
「まもる」「みがわり」などを使い、回復しながらじわじわ削っていく戦法をとります。
一般的な耐久型と異なりそこそこの攻撃種族値があるため、
余裕があれば普通に叩くこともでき、ダメージも結構入れられるのが強力。
特化した種族値ではない故に「何を仕掛けてくるか分からない」ことが
このポケモンの最も恐ろしいところであり、強みといえます。


UB04 カミツルギ
img_01 (2)
熨斗袋と折り紙がモチーフと思われるUB。外国人には伝わら無さそう
今世代におけるGTSの通貨として有名。サン限定。

タイプはくさ・はがね、種族値は59-181-131-59-31-109。
ナットレイ以来となるはがねとくさの混合タイプ。
デンジュモクの特攻をも上回る凄まじい攻撃種族値をもち、防御と素早さも高め。
しかし特殊方面はまさに「紙」。下手をすれば半減でも落ちかねない貧弱ぶり。
UBの中でも特にとがりきった種族値だと思います。

この種族値のため物理アタッカーとしての運用が基本ですが、
肝心の覚えられる物理技の攻撃力が低いものばかり。攻撃種族値に見合わぬ微妙なダメージになります。
おまけに攻撃範囲もいまいち。「アイアントで良くね?」と言われてしまうほど。
使いどころが難しいポケモンですが、タイプ一致の必中「スマートホーン」は、
「ちいさくなる」ピクシーには抜群の相性を示したり、急所に当たりやすい「リーフブレード」で
みずタイプのポケモンを一刀両断したり、「ハサミギロチン」で高耐久ポケモンを無理やり突破したりと
強みもあるポケモンではありますがそれが対人戦で活かせるかどうかは・・・
ちなみに「こうごうせい」も覚えることができます。紙ツルギに使えるかは別問題。


UB05 アクジキング
img_02 (2)
あらゆるものを食べつくすと言われるUB。ウツロイドと同様、過去に犠牲者が出ている。
やたらフンが主張されるが、完全なエネルギー効率を実現してるならすごいことだ。

タイプはあく・ドラゴン、種族値は223-101-53-97-53-43。
HPはハピナス、ラッキーに次ぐ第三位。しかし、防御と特防は低め。
攻撃力はいまいちで素早さも低い・・・と、ホエルオーのような配分。

中火力、高耐久だが再生技無し、鈍足と、扱いが難しいポケモン。
先手を取ることはほぼ不可能なので、性格は素早さに下降補正をかけるのを推奨します。
攻撃、特攻がほぼ同程度で、下降補正をかけなければ両刀も可能。
とはいえ種族値はどちらも100程度で、両振りでは火力が足りないので、
どちらか一方に振り切った方がいいでしょう。防御、特防にも同じことが言えます。
PT内で任せたい役割で、どのように特化させた振り方をするかをするか決めましょう。
技は恵まれていて、タイプ不一致ですが高威力を出しやすい「ヘビーボンバー」、
タイプ一致の「りゅうせいぐん」「ドラゴンダイブ」「あくのはどう」「かみくだく」、
サブウェポンの「じしん」「かえんほうしゃ」「だいもんじ」「アームハンマー」「ストーンエッジ」「ヘドロウェーブ」など。
様々な相手に打ち分けて弱点を突くことが出来ると言えば聞こえはいいですが、
鈍足なので打ち込む前に逆に弱点を突かれて落とされることが多いのが考え物。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

名無しのぽろろ

Author:名無しのぽろろ
MUGENでAI・改変パッチ、及び改変キャラを製作しております。
狂クラスがメイン。
リンクはご自由にどうぞ。

自キャラ・パッチが何らかの大会で出場していた際は、適当な記事に出場しているキャラと大会名等を書いてくれると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR